アルファグリーン
HOME > 資材一覧 > アルファグリーン

アルファグリーン

作物の、主に食味、特に糖度を上げる液体です

アルファグリーンアルファグリーン

アミノ酸総合栄養液です。

←の写真が、3月に吉良商店詰め所近くで撮ったモノです。
 (こうやって資材が出荷されていきます。かなりまとまった量も。
  一度遭遇したのは、鳥取ナンバーの大型トレーラー。
  腕っ節の強そうなお兄さんが、フォークリフトを駆使して、積んでました。)

原料は、魚粉、ゴマ、糖蜜です。

製法は有機廃棄物堆肥化装置から得られた水蒸気を冷やし、培養したものです。
 (原理としては木酢液と同じですな)

若葉の里2号 と同様、苗浸水/葉面散布/土壌潅注と多くの使い方ができる資材です。
キュウリ栽培指針 では、 ⑬養液潅注 に活用されています)
 具体的には、
 ・水で希釈したものに、サツマイモ苗の根元を浸水させる。
  ⇒耐/温,塩,病虫に、生長を揃える。
 ・水で希釈したものを葉面散布剤として用いる。
  ⇒耐/温,塩,病虫に、栄養生長から生殖生長に変える。
 ・土壌に潅注する。
  ⇒発根を抑止、蘇生を助け、収穫を安定させる。
   微生物の活性を高める(ハウス熱源としての温度調整に用いる)。

神谷さんによれば、イモ、果菜類等、糖度を上げる作物に最適、とのこと。

頂いた"昭和なパンフレット"
   (用法の注意、希釈割合等が記載されています。
    "アルカリ性農薬と混ぜるな"というのは酸性を保つ(虫/雑菌の繁殖&雑草の発芽を防ぐ)ためですな。)


 ※また、常温保管可で、特に消費期限はないです。
   (液漏れを防ぐため、なるべく冷暗所で保存し、異常に気づいたら開栓して気を抜いて調整してください。)

  ⇒関連ブログ:破裂に注意?

アルファグリーンの葉面散布としての使い方

・散布タイミングは7~10日毎の夕方。
(理由は、このサイクルで新しい葉ができていくのでその全てにかけるため & 夜の生長に備えるため)
 忘れないコツは、「曜日を決めておくと良い」です。

・希釈割合は700倍が基準です。

 (鑑賞用の花にはオススメしません。理由は灰分で花に色がつくため。)
 (他、土に当たると肥料の役目もします。液節約の意味では、ジョウロ潅水よりも有効でしょう)

  ⇒関連ブログ:葉面散布について分かったこと
  ⇒関連ブログ:葉面散布液の効能?
  ⇒関連ブログ:葉面散布液をムシが嫌がる理由?
  ⇒関連ブログ:葉面散布のコスト
  ⇒関連ブログ:生長調整には、葉面散布
  ⇒関連ブログ:葉面散布は夕方、、ではなく、、
  ⇒関連ブログ:葉面散布と湿度
  ⇒関連ブログ:葉を手の平サイズに
  ⇒関連ブログ:葉面散布で水分調整?

アルファグリーンの土壌潅水としての使い方

①土面積1平方メートルに対し、18ccを採る。

②100倍から200倍の水で希釈する。
 (まんべんなく散布するため、なので、水の量は適宜調整ください。)

③②をジョウロに入れ、まんべんなく散布する。

アルファグリーンの土壌潅水としての施肥量の目安

土壌潅水としての施肥量の目安ですが、 1箱(18L)、10アール用 と覚えましょう。
と言っても、土地面積の言い方っていろいろありますよね。
以下に施肥量の表を記載。

m2 歩,坪 P1台 畝(せ) a ha
m2(平方メートル) 1 1.6529 3.3058 11.5 99.174 100 991.74 9917.4 10000
畳(じょう) 0.60 1 2 7.0 60 60.5 600 6000 6050.0
歩,坪(つぼ) 0.30 0.5 1 3.5 30 30.2 300 3000 3025.0
P1台 0.087 0.14 0.29 1 8.6 8.7 86.2 862.4 869.6
畝(せ) 0.010 0.0167 0.0333 0.116 1 1.01 10 100 100.8
a(アール) 0.01 0.0165 0.0331 0.115 0.99 1 9.92 99.2 100
反(たん) 0.0010 0.0017 0.0033 0.0116 0.1 0.10 1 10 10.08
町(ちょう) 0.00010 0.00017 0.00033 0.00116 0.01 0.010 0.1 1 1.01
ha(ヘクタール) 0.0001 0.00017 0.00033 0.00115 0.010 0.01 0.099 0.99 1
施肥量[L] 0.02 0.03 0.06 0.21 1.70 1.80 17.85 178.51 180.0
施肥量[cc] 18.0 29.75 59.50 207.0 1785 1800 17851 178513 180000
表の見方ですが、最上の1単位が、最左の数値で言うと何か、となっておって、
その広さでの 施肥量 が下の2行に出ております。
"P1台"ってのは、"1台分の駐車スペース"です。
「土地広さなんて分からん、畳(じょう)だの坪(つぼ)だのは、室内のことだからピンと来ない!」
とおっしゃられた方がいたため。。。
"[L]"ってのは、リットル表記、
"[cc]"ってのは、シーシー表記になっております。
(過剰な施肥は、問題にはなりません。)
あくまで、参考です。

使い方ですが、
1畝の土地に、初めてアルファグリーンを施肥する例ですと
(ここは、確認ですが(最上の)1畝は、(最左の)m2(平方メートル)では、99.174m2 になっておって、)
その施肥量は、リットル表記で見て"1.79"、約 1.8L となるわけでございます、ハイ。

身近な人たちのアルファグリーンを使った感想

・舐めたことがありますが、酸っぱいです。
 有機廃棄物堆肥化装置から得られる液も同様な味。
 炭っぽくもありました。
 成分分析(パンフより)によれば、灰分10%とのこと、だから当り前?
 なぜ、これが甘味を向上させるのか、フシギですが、
 アミノ酸(旨み成分)だから、食味が上がるのは納得。(管理人)

・うわぁ、ワタシは飲めんゎ。(嫁)


  ココまで読んで 是非、購入してみたいワ と思った方は コチラ



    ~ 参考サイト ~   

関連特許(有機廃棄物堆肥化処理方法及びそれに使用する装置)


  
土づくり
MENU
LINK   
  
Copy Right(C)2013 楽農しよう会 All rights reserved.
inserted by FC2 system