セイショー式農法のサツマイモ栽培の紹介 セイショー式農法のサツマイモ栽培の紹介 セイショー式農法のサツマイモ栽培の紹介 セイショー式農法のサツマイモ栽培の紹介
HOME > セイショー先生語録 > セイショー式農法 > サツマイモ栽培

神谷さんが教えるサツマイモ栽培は短期間で甘いものができます。
黒マルチを張ってトライして頂きたいです。

サツマイモ栽培方法  

サツマイモ栽培方法サツマイモ栽培方法 

サツマイモはビタミンCとEが豊富。
切り口から滴る汁は、腸内を掃除するとか。
清涼飲料水の糖度は17以上で、天然野菜はこれ以上にならず、
それゆえ、子どもらの野菜不足が加速しているらしいッス。
唯一、サツマイモだけは、17,8くらいが可能とか。
収穫後、新聞紙にくるみ、15℃近くの冷暗所で2週間保存すると
掘りたてよりも甘くなるそうです。
比較的ゆっくり加熱すると、糖化酵素の働きでデンプンが糖化して甘くなるとか。
そんな、甘い、甘い、サツマイモの栽培方法です。

プロ向き?ですが、一部取り入れただけでも、甘くなること間違いなし?

苗の植付時期は5月以降。

①事前に畑に資材を投入、何回か耕起しておく。

②黒マルチを着せ、20日くらい放置。
 (コレ、雑草生え対策以外には、何のためでしょ?)
 (思い当たるのは、直接の雨当りを防ぎ、土壌内の水分をまんべんなく蒸らすため。
  ホラ、サツマイモってもともと乾いた土壌を好みますし
  ツル植付の5月以降ですと雨とか多くなっちゃいますし。)

③苗を準備。
 苗の根元をアルファグリーン500倍希釈液に、
 最低2時間程度、浸水させます。一晩だと尚良いとのこと。
 成長を揃える、温度/病害虫への耐性を上げる、糖度を上げる効果があるようです。

垂直植え

④苗の植え方です。
←絵は、垂直植え。
  数が少ないですが、丸く大きなイモができます。
  天ぷらやお菓子向き。子どもが掘るのならば、嬉しいかも。。














船底植え

←絵は、船底植え。地面に対し5°の傾きが理想です。
  焼きイモに適した直径5センチ程の細長いイモが数多くできます。
  大人が食べやすいと思います。

  どちらの植え方も
  「株幅は25センチで、葉2枚を残し、他は埋める」とのこと。
  「収穫しやすさのため、パイプを挿す」と聞きましたが、
  これは詳細が分かったら載せます。

  苗の植え付け後、110~120日で収穫するのがベストだそうです。

  収穫3日前に、アルファグリーン300倍希釈液を葉面散布すると
  糖度が増し、各個体が均一の甘さになるとのこと。

  食べ方は、上記を参照のこと。

  排水良い場所に穴を掘ってイモを入れ、モミガラを敷き詰めると貯蔵できます。

  ⇒参考ブログ:焼きイモにアルミホイルは不要だったのだ   ⇒参考ブログ:植苗レクチャー   ⇒参考ブログ:苗による生育状況の比較1   ⇒参考ブログ:苗による生育状況の比較2   ⇒参考ブログ:試し掘り結果   ⇒参考ブログ:試し掘り、さらに試食   ⇒参考ブログ:モミガラ保存前   ⇒参考ブログ:サツマイモについてのクイズ   ⇒参考ブログ:あおり金時?

農法の半容

他にもセイショー農法うちのモノが見たかったらドウゾ↓

トマト栽培

キュウリ栽培

米栽培

秋ジャガ栽培

春ジャガ栽培

春ニンジン栽培

サツマイモ栽培

大豆栽培栽培

ホウレンソウ栽培

ニンジン栽培

ハクサイ栽培

その他,栽培

  
資材一覧
MENU
LINK   
  
Copy Right(C)2013-2017 楽農しよう会 All rights reserved.
inserted by FC2 system