ハウス土耕栽培のメリット
HOME > ハウス熱源 >ハウス土耕栽培のメリット

トマト、キュウリ等のハウス栽培に関して、"土耕"の"水耕"に対するメリットを述べます。
詳細は以下のようですが、経費的には断然"土耕"です。

◆メリット
 1)設備費を抑えることができる。
  (水耕だとハウスと併せて初期に2000万円以上は必要)
 2)培養液に関する化学的知識が不要。
 3)病害虫が発生した場合、被害を限定的にできる。
 4)使用水量が小。
 5)電気料金等ランニングコストが小。
 6)食味が良い。

◆デメリット
 7)連作障害がある。
 8)通年栽培しにくく、収量が小。
 9)自動制御しにくく、管理が手間(病害虫対策、樹勢調整に要経験)。

このうち、デメリットについて、セイショー式農法には対策があります。

7)8)については、1度種苗植付が終ると、同じ樹から通年で収穫可能になることです。
(10年間、同じ樹から収穫することも可能ですが、樹勢の衰えを否めないため、1年を推奨します。
 トマトは、ナス科 トマト属の1年草ですしネ。
 新たに種苗植付する際も、資材を混ぜた土では、連作障害しにくいです。)

9)については、資材が病害虫を寄せ付けにくく、温度調整,樹勢調整にガイドラインがあります。
(詳細は連絡下さいネ。)


◆関連ページ:ハウス熱源

◆関連ページ:土がホカホカになる理由

◆関連ページ:ハウス土耕栽培のメリット

◆関連ページ:トマトのハウス栽培実績比較

◆関連ページ:キュウリ栽培指針 [平成28年7月版] 

◆関連ページ:キュウリ栽培指針 [平成27年7月版] 

◆関連ページ:キュウリ栽培指針 [平成26年7月版] 

◆関連ページ:キュウリ栽培指針 [平成25年7月版] 

◆関連ページ:キュウリ栽培指針 [お試し版] 

  
身近な実験例
MENU
LINK   
  
Copy Right(C)2013-2017 楽農しよう会 All rights reserved.
inserted by FC2 system